中学校・高等学校向け研修

次代を創る力を、すべての学びの場に。

今、この21世紀、Society5.0なるものが提唱される時代に身につけるべき能力とは何でしょうか。これから学校教育は、どんな風に変わっていくべきでしょうか。

時おり戴く質問に、私たちはこうお答えしています。

「無理に変わろうとしなくていい」
「これまでを否定するような変化は必要ない」

確かに、社会のあり様は変化しています。これからも変わっていくことでしょうし、それらはより大きく、速い変化であるかも知れません。しかし大切なのは「この時代に学校には何ができるか」であって、「この時代の学校とは何か」ではないのです。

教育の在り方が変わっても、学校という場所が変わる必要はありません。
時代と共に生徒を振り回すのではなく、生徒たちが時代と向き合うための場所であること。激流の中にこそ求められる、確かな係留地となること。次代を担う知性と創造性はそこから生まれます。

とはいえ、安心できる場所があるだけでは十分でないことも事実です。
知性と創造性の土壌は、多角的な視点の形成と、その上に作られる生徒ひとりひとりの視点にあります。学んだ知識を自らの糧とする力が、今の教育には求められているのです。

学びと課題解決をリンクづけるために必要な力。
創造的教育協会は中学校・高等学校様に、その鍵となる思考力を育て、主体的に自ら学ぶ力を引き出す研修プログラムを提供致します。